遠州森の石松、終焉の地「閻魔堂」

閻魔堂 かつて次郎長が、その当時関取だった保下田の久六が博打に手を出し、有り金全部巻き上げられて困っているのを見かね, 次郎長が「お相撲さんが博打を打つなんててっぺんからの間違い、 これからは博打なんぞしなさんな、取られたお金は返してやる」と言って取られたお金を次郎長に立て替えてもらったときは、流石に「へい、ありがとう存じます」と言いながら、 その後身を持ち崩し博打打ちになり一家を構えた久六が助けられたことを逆恨みし、捕吏を逃れる身となった次郎長を密告し、次郎長を匿った罪で深見村長兵衛を捉え、牢死させた のを聞いた次郎長が「なんと俺は罪作り」と嘆き、保下田の久六と悪代官を長兵衛の仇として討って、斬った刀を次郎長の代参として石松を讃岐の金 毘羅宮に奉納しに行かせた帰り道に、今評判の伏見の身受山鎌太郎の家に逗留し、そこで身受山から昨年亡くなった次郎長の妻の「おちょう」の香典として百両、別に石松の道中の小遣いとして三十両を預かって、 清水への帰り道、遠州都田村の都鳥吉兵衛と出会ったのが石松の運命を決めた、都鳥三兄弟から借財を頼まれ、貸した百両が返せないからと石松を閻魔堂で殺す計画を立て、 借りた百両を返すと嘘をついて、この閻魔堂まで連れて来た時、閻魔堂の扉が開いて中から飛び出して来た三本の長脇差。石松に親分(保下田の久六)の仇ときりかかって来た。 「保下田の久六は、悪いやつでもてめぇっちの親分だ、子分が親分の仇を打つのは当たり前。俺が弱けりゃ打たれてやるが、俺が強けりゃ返り打ちだ、さあこい!」と切り合っているところを 都鳥一家七人が「石さん、助太刀をするぞ!」と言って油断をさせて、後ろから切りつけられたが、その場を逃れ、兄弟分の小松村の七五郎に家で匿われるが、 七五郎夫婦が止めるのを聞かずに出て行って斬殺されたのが、このいまだに残る「閻魔堂」。
森の石松の祠 淋しくひっそりと佇む、今にも壊れそうなほこら「石松の祠」。この祠は秋葉路にそって常夜灯と共に1815年文化12年に大石善左衛門により建てられた。 石松の首無し地蔵は、ここより300m前方にあったものを、この地にうつされた。石松は三河の半原村の庄屋の家柄に生まれ、少年時代を森で過ごしたが 都田村の吉兵衛三兄弟と元保下田の久六の子分によってに騙し討ち似合い斬殺された。里人と四人組の手により地蔵堂が建てられたが、この地蔵は家内安全、商売繁盛、目、耳の病にご利益があると地蔵が 欠き取られ首無しとなった。
森の石松の墓 遠州森の石松、ここに眠る。墓石の名前の部分が削り取られているのは、全国の博徒が「お守り」とするため、墓石を削り取ったものだそうです。 静岡遠州森町「大洞院」